生物は酵素がなければ生きられない存在なのです。 私達は「酵素」を体内で作っていますが、
これが出来なくなると、または出来た酵素を使い切ってしまうと生命活動は停止してしまいます。
現在、約4000種類以上の酵素に名前が付けられて登録されています。


一説では、一生の間に作られる酵素の量は遺伝子に組み込まれていて、決まっているそうです。 
(これが「潜在酵素」という名前で呼ばれている部分です。)

私達の生命活動の基礎になる「潜在酵素」は大まかにいうと二つの使われ方をしています。   
ひとつは食べた物を消化する「消化酵素」として、もうひとつは体の新陳代謝をつかさどる
「代謝酵素」としての使われ方の二つです。

(この「代謝酵素」の働きこそが、若さや美しさ・健康のエネルギーの基礎になる部分です。)

しかし、基礎になる潜在酵素の総量が決まっているため、「消化酵素」として多くを消費する人は、
「代謝酵素」として使える絶対量が少なくなってしまいます。

例えば、風邪をひいた時に食欲が無くなった経験はありませんか?
あれは脳がこんな風に考えたからです。
(潜在酵素の量が限られているのだから、体の調子を整えるために「消化酵素」としてよりも、
「代謝酵素」として多くの「潜在酵素」を使いたい・・。
少し食べるのを我慢しても、まず体の調子を整えよう・・。)
こんな時は、人間は一時的に食欲が減退します。
 
全体のバランスを考え、数が限られている「酵素」の効率的な運用を決める訳です。

何となく「酵素の働き」がイメージして頂けましたか?

こんなにすごい働きをする「酵素」ですが実は弱点が一つ。 
酵素はタンパク質なので熱に弱いのです。
ほとんどの酵素は42~60度の温度で成分が変成して、動きがなくなって(失活)しまいます。

(ちょっと、「体温計」を思い浮かべて見てください。「体温計」の目盛りは42度以上ありませ
 んよね。 あの理由がこれです。 人間の体温の場合、42度以上は測る必要がありません。 
 なぜなら、酵素が活動出来なくなれば「生命活動を維持する事」自体が出来ないからです。) 

酵素は熱に弱いとお伝えし、40~60度で変成して失活します。と、お伝えしました。

実は、食物酵素も同じで熱には弱いのです。 
熱を加える料理の場合、ほとんどが変成して失活してしまいます。

ここでちょっと、あなたの食生活を振り返ってみることにしましょう。

あなたが昨日食べた物を思い浮かべてみてください。
カレー・ハンバーグ・お鍋に焼肉・焼き魚・・・。 ほとんどが熱を加えて調理したものばかりですね。 ここが大きなポイントです。 加熱調理していますから食物が本来もっていた酵素は壊れてなくなっています。食物が持つ酵素がないので、あなたが自分自身で食べ物を消化する負担が大きくなっているのです。
また、いわゆる加工食品には「生命」がないので、酵素は含まれていません。

昔の食卓を思い出してみてください。
そこには必ず季節の生のものや、納豆・漬物などの発酵食品がたくさんありました。
つまり昔の人は酵素がたくさん取れる食事をしていたわけです。
逆に現代の食事は酵素をたくさん必要とする食事なのです。

その他にも、加齢とともに酵素は減っていきます。
その他では、タバコやお酒、スナック菓子・ファストフード・食品添加物・加工食品・過食・ストレス、などで酵素が減っていきます。また、不規則な生活も酵素を減らす大きな原因だと言われています。

ですから現代人にとっては、生命体が作ってくれる酵素を取り入れる事が非常に重要になります。

では、具体的にはどうしたらよいのでしょうか? 

答えは「体外から酵素を取り入れて、体内の酵素不足を解消する。」が正解です。

酵素の多い食品(新鮮な生のもの、発酵食品)を多く食べる事を心掛ける様にしてください。 
すべての新鮮な食物の中では「酵素」が生きています。 
その「酵素」を、出来るだけ壊さない形で口に入れる事が「健康維持」のポイントになります。
 
発酵食品は酵素の宝庫です。 
微生物の発酵により、たくさんの酵素が作られます。 
そして、なによりもあなた自身の「免疫力や自然治癒力」を高める手助けをしてくれます。

 

このサイトについて

一部地域で拡がっている「手作り酵素教室」をご存知ですか?
それを全国で展開可能にするための「ノウハウ」を提供させて
頂いているサイトです。

「教室運営のためのマニュアル」も含めた総てがご覧頂けます。

「手作り酵素」の情報は 
http://cleanmineral.com/
でも、ご覧頂けます。

Produced by  http://bikou2.p-kit.com/